ごまかせない!脇の黒ずみやブツブツ改善のコツ

これからの季節、ノースリーブや水着になる機会が増えてきました。

お肌のケアが気になるところですが、あなたは抜かりないでしょうか?

特に、脇の下は気になるゾーンです!!

素敵な夏の思い出を作るためにも、しっかりとしたケアと改善で臨みたいところです。

ここでは、黒ずみやブツブツを取り除くコツを伝授したいと思います。

しっかりと、学んでいきましょう。

<ワキの下の黒ずみの原因>

メラニン色素という言葉は聞いたことはありますか?

メラニン色素とは、紫外線から皮膚を守る働きをします。

でも、皮膚がなんらかの刺激で炎症を起こすと、メラニン色素が必要以上に増加してしまうことがあります。

脇の下は皮膚がとても敏感な部位なので、負担がかかりすぎると、肌を守るメラニン色素が余分に作られて、皮膚の新陳代謝が追い付かなくなります。

その結果、表皮に排出まできなかったものが溜まったまま残ってしまいます。

このため、色素沈着して黒ずみができてしまいます。

汗をかいて放っておくと、蒸れて雑菌が繁殖し、皮脂や汚れがたまって毛穴が詰まり、黒ずみになります。

また、制汗剤は使いすぎると毛穴の詰まりを引き起こし、黒ずむもとになる場合もあるので、注意しましょう。

脇の下はデリケートな部分なので、「強い刺激を与えていないか?」、「毛穴が詰まるような生活習慣はないか?」など、まずは黒ずみを招いた原因をみつけましょう。

<黒ずみができた後の対処方法>

黒ずみのケア方法ですが、摩擦の多い下着をつけないようにするとか、汗をかいて蒸れた状態のままにしておかないなど、小さな努力が予防につながります。

そして、食生活や生活習慣の影響よってお肌がくすんでしまうのと同様に、ワキも黒くくすみます。

普段の生活では、ビタミンCとビタミンEが含まれている食品を積極的に、意識して食べましょう。

忙しい方や好き嫌いがある方はサプリメントを上手に活用しましょう。

黒ずみと並行してあげられるお悩みに“毛穴のブツブツ”があります。

こちらの原因と対処法にもふれていきましょう。

主なものとしては、3つあげられます。

自己処理できる脱毛器や毛抜きなどを乱用したり、毛を無理やり抜いたりすると、毛穴や周りの皮膚を傷めてしまい、毛穴が塞がれた状態になることがあります。

その結果毛が皮膚の中で埋もれて黒いブツブツ状態になってしまうのです。

このような状態は、私も脱毛器を使用していて、経験があります。

因みに余談ですがこの状態を、エステティックサロンへ行って脱毛していた友人に聞いたことがありますが、「埋没毛」というそうです。

2つ目の原因としては、カミソリを使用したケアです。

古くなったカミソリを使用するとか、肌に負担がかかるような剃り方をすることで、カミソリ負けを起こします。

そうすると、炎症が起こり赤いブツブツができてしまいます。

これは、お肌が傷つきバイ菌が入り込むからです。

3つめの原因は皮膚汚れです。

白っぽいブツブツや黒っぽいブツブツができます。

白いのは皮脂が溜まるとでき、黒いのは皮脂やファンデーションなどが酸化した、「汚れ」が詰まったものです。

<ブツブツのケア方法>
脱毛器などの毛抜きで抜くときは、事前にホットタオルで温めるか、入浴後の毛穴が開いた状態にしてから、抜きましょう。

カミソリで剃る場合は、摩擦を防ぐために、あらかじめワキの下にクリームや泡立てたソープなどぬっておきましょう。

また、毛の流れに沿って毛を剃り、剃り残った毛だけを無理しないように逆さまに剃ってください。

ムダ毛を処理した後の肌はバリア機能が低下しています。

炎症を起こしやすく、色素沈着しやすい状態になっているので、お肌に合う化粧水やジェルなどで、保湿ケアを必ずしましょう。

市販されているハトムギ化粧水(ご本人のお肌に合ったもの)を含ませた化粧水でコットンパックすると、傷んだワキの皮膚を滑らかに保ちます。

◆いろいろ注意しても黒ずみが消えないときは、ピューレパールを塗ると効果的です。

保湿しながら優しく強力に黒ずみを美白するので肌荒れもせず、キレイな脇に導いてくれます。
ピューレパールの効果!脇の黒ずみが消える理由

脇の黒ずみだけでなくVIOラインの黒ずみや乳首の黒ずみなど全身の気になる黒ずみも解消!と口コミ評価も高いです。

黒ずみやブツブツに悩んだらピューレパールを使ってみてください。

公式サイト↓
Pule Pearl

us