お尻のざらつきと黒ずみ色素沈着が酷い!原因と対策を教えて!

■あなたは、好きな人にお尻見せられますか ?

中々人には言えませんが、「お尻」で悩んでいる女子、結構少なくありません。

ここでは、その改善策として既に皆様が知っている対策に加えて、

「コレだけはやってはいけない」3つの事をご紹介します!

コレだけはやってはいけない3つのこと

■まずは、一つ目。

「絶対にこの記事を読んではいけません。」(笑)

インターネットを使えば、情報収集が簡単にできる便利な世の中ではありますが、誰が書いたのかも分からない、顔の見えない相手の言う事を鵜呑みにしていけません。

一番は、顔の見える、信頼できる皮膚科の先生に相談し、薬を飲むなどして適切な治療を行いましょう。

■そして2つ目。

そんなに洗ってはいけません。

よく、お尻は、

「デリケートで汗をかきやすい蒸れやすい箇所。つい不衛生になりがちなので、しっかり洗いましょう。」

という記事を目にしますが、決して「タオルでゴシゴシと、ゴボウの泥を落とすように、洗いましょう。」

という意味ではありません。(笑)

イメージは、顔を洗うようにお尻も優しく洗うが正解です。

タオルで肌をゴシゴシすると、肌に必要な油分まで奪ってしまいます。

カラダを洗う時は、タオルに石鹸をつけてゴシゴシ肌をこするのはやめて、石鹸を手の平で泡立て、そのまま手の平を使って円を描くように優しく洗い、ぬるま湯でやさしく洗い流しましょう。

お湯の温度も熱すぎると、入浴後に肌が乾燥してしまうので、お湯の温度にも気を使いましょう。ご自分の大切なカラダです。

できればぬるま湯で、やさしく洗ってくださいね。

■やってはいけない事。最後の3つ目は、うぶ毛の自己処理です。

肌は、全身一枚でつながっていると言われます。

顔や腕や、ワキ、足などのうぶ毛処理後、肌全体が相当なダメージを受けます。

そして、気候の変化や、ストレスなど肌が敏感になった時に、処理した部分ではない、他の場所が突然かゆくなったり、じん麻疹などの肌トラブルを招く事があるそうです。

されど、「一瞬も、一生も美しく」いたいのが、女というもの。

「ここぞ!」という勝負日だけ、うぶ毛処理する等工夫して上手にバランスをとっていきましょうね。

お尻のざらつきと黒ずみ色素沈着の原因と対策のまとめ

■まとめ

【原因】としては

●うぶ毛処理

●タオルでお肌ゴシゴシ洗いすぎる。

●不衛生。

●同じ姿勢で座る。

●生理前やストレスによるホルモンバランスの崩れ。

●刺激(下着や洋服などによる摩擦による)によるメラニン色素の蓄積。

●ニキビ跡。

●日焼け

などが、挙げられます。

【対策】としては、

●すぐ皮膚科にいく。自己判断で、間違った薬を使用しないように。

●うぶ毛処理は出来るだけしない。

●タオルでお肌ゴシゴシ洗うのはやめて、手の平を使って洗う。

●成長ホルモンの分泌に欠かせない睡眠をとる。(10時~12時)

保湿ケアで乾燥を防ぐ

●古い角質を取り除くピーリング。

●黒ずみケアにいい食事。

ビタミンC (ピーマン・ブロッコリー・アセロラ)

ビタミンB2 (レバー・すじこ・納豆)

ビタミンB6(にんにく・とうがらし・さんま)等の食品を積極的にとる。

お尻に負担をかけない様、長時間同じ姿勢で座らない。

上記の方法で、お尻のざらつきと黒ずみ色素沈着は、確実に改善していきます。

肌は、28日で生まれ変わりますと美肌の佐伯チズさんも言っています。

諦めないで(^^) 根気強く続けていきましょうね。

◆なお皮膚科に行くほどではないけれど、お尻のざらつきや色素沈着の黒ずみとか、ニキビやおできがなかなか改善しないと思ったら、ピーチローズを塗るといいです。

お尻ニキビやお尻の黒ずみなどを解消してくれるお尻専用のニキビケアアイテムがピーチローズだからです。

ピーチローズは、お肌にも優しい成分でなおかつ保湿しながら美白したり炎症を抑えてニキビやおできや黒ずみを改善して美尻に導いてくれる!と口コミ評価も高いです。

ピーチローズでお尻の黒ずみ改善効果!とその理由

汚尻からキレイなお尻にピーチローズで変身したいですね。

⇩⇩お得なコースがある公式サイトはこちら


us