ラスター(LusTer)はアトピーの黒ずみ改善効果もある?

お肌の黒ずみ気になりませんか?

黒ずみ改善のスキンケア商品などは多く市販されていますが、アトピーの方も安心して使えるものは、その中にあるでしょうか。

アトピー性皮膚炎の方が年々増えています。

アトピーは根治が難しいと言われている皮膚疾患です。

症状が軽い場合は、市販の保湿剤などを利用することと清潔を保つことが基本的なケアとなりますが、症状により治療が必要となります。

主な治療法は、ステロイド軟膏や抗アレルギー薬の服用となりますが、これらは「治す」治療ではなく対処療法といい、今の辛い状態を改善するというものです。

ですから、薬を使っている間は症状が改善するものの、薬の使用をやめると、また症状が現れます。

アトピー性皮膚炎とは、皮膚のバリア機能が低下し、炎症を起こしたり、乾燥したりといった症状を発症し、強い痒みを伴い、日中もその痒みは辛いものですが、夜寝ている時も無意識に掻き毟ってしまうという方も少なくないと思います。

私の子供もアトピーがあり、ステロイドではありませんが、アトピー予防の軟膏を皮膚科で処方してもらい使っています。

その薬を使っている間は痒みも落ち着くようですが、長期間使わない方が良いと医師から言われているので、痒みが落ち着くと、軟膏を塗るのもお休みします。

すると、また強い痒みが現れて、夜中寝ながら掻いています。

本人は気づかず寝ているようですが、私は、その掻き毟っている音で目が覚めてしまうほどです。

相当痒いのでしょう。

話を戻します。

アトピーによる炎症が繰り返し同じ場所に起こると、その場所は黒ずみにつながります。

この黒ずみは一度できるとバリア機能が低下しているアトピー体質の方の場合、肌のターンオーバーが行われないので、新しい皮膚へと再生がされません。

このままでは、どんどん皮膚は黒ずんでしまいますね。

皮膚の黒ずみやすい場所は、ひざ裏と言われています。

そこで「ラスター」をオススメします。

ラスターは、トラネキサム酸やアルピニアカツマダイ種子エキス、党参抽出物加工分解液などが配合されており、ひざ下の黒ずみケアに有効です。

ラスターは、アトピーでも使えるのでしょうか?

アトピーがあると、普段使うスキンケア商品なども慎重に選ばれている方が多いと思いますし、使ったことがない新しいものを使ってみることは、不安がありますよね。

しかしラスターは大丈夫です。

ラスターは、添加物を配合しないことに強いこだわりを持っています。
ラスターの効果!膝、肘だけでなく脇の黒ずみも解消の理由
徹底的に余分な成分は排除して開発されているので、アトピーの方も敏感肌の方も安心して使えます。

黒ずみ対策に、お試しくださいね。
公式サイト↓
ラスター

u