薬用イビサクリームの全成分と有効成分はどれ?

あなたはムダ毛処理をどのようにしていますか?

そのムダ毛処理が肌の黒ずみを発生させる原因になっているかもしれません。

特にデリケートゾーンの黒ずみに関して、多くの女性が実は悩んでいるようです。

黒ずんでしまったデリケートゾーンを蘇らせてくれる美白クリームがあったら良いと思いませんか?

デリケートゾーンの肌は敏感ですし、本来専門家に相談するのが安心かとは思いますが、それが医師だとしても、やはり病気でもないのに見られるのは恥ずかしいですし、自宅で自分でケアができたら良いと思いますよね。

そこで探してみると「薬用イビサクリーム」が良いということがわかりました。

薬用イビサクリームは、トラネキサム酸とグルチルリチン酸2Kという2つの薬用美白成分と、その他に8種類の潤い成分によって作られています。

イビサクリームは、化粧品ではなく医薬部外品という分類に属しており、高い効果を発揮してくれることで評判となっています。

では、薬用イビサクリームの全成分(有効成分)を記載します。

有効成分・トラネキサム酸 グリチルリチン酸ジカリウム
その他の成分・ヒアルロン酸ナトリウム(2) シロキクラゲ多糖体 ローズ水 乳酸ナトリウム液 オウゴンエキスシクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール サクラ葉抽出液 カモミラエキス(1) ダイズエキス メチルフェニルポリシロキサン 1,3-ブチレングリコール  ポリアクリル酸アミド 1,2-ペンタンジオール 軽質流動イソパラフィン グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテル グリセリン脂肪酸エステル グリセリン 1,2-ヘキサンジオール ポリオキシエチレンラウリルエーテル(7E.O.)エデト酸二ナトリウム フェノキシエタノール 精製水

となっています。

成分を見ると、お肌に優しい成分ということがわかりますね。

デリケートゾーンの黒ずみに安心して使えますね。

デリケートゾーンだけでなく、脇や乳首、お尻などの黒ずみにも使えるので、1つ持っていると便利ですね。

最近は、脱毛サロンでのVIO脱毛が人気で、脱毛サロンの多くではフラッシュ脱毛が取り入れられており、フラッシュ脱毛にはメラニン色素に反応するという特性があるので、黒ずみの原因となることも少なくありません。
イビサクリームでVIOライン(デリケートゾーン)の黒ずみが消える効果!とその理由

黒ずみにならないようにケアすることが大切ですが、できてしまった黒ずみには薬用イビサクリームで肌に優しく黒ずみの美白ケアに取り組んではいかがでしょうか。

詳しくは、公式サイトをご覧ください。

公式サイト↓

us