イビサクリームとハーバルラビットナチュラルゲルクリームの比較と選び方のこつ

デリケートゾーンの黒ずみでお悩みの方いませんか?

多くの女性は、誰にも話せずに悩んでいるのではないかと思います。

しかし、同じような悩みのを抱えている女性は多くいるので、安心してほしいと思います。

デリケートゾーンの黒ずみを悩んでいるという女性は、20代から30代で多く、大きな悩みの種の1つになっているようです。

そもそもデリケートゾーンの黒ずみの大きな原因は、肌を守るためのメラニンが関係していると言われています。

本来メラニンは肌を守るための防衛機能として働きますが、過剰に反応し黒ずみを発生させてしまうこともあります。

特にデリケートゾーンは、他の場所と比べて皮膚が薄く、色素沈着を起こしやすいのです。

具体的な原因を挙げますと、サイズが合わない下着、ムダ毛処理で失敗したり、その刺激、摩擦を起こすような洗いすぎ、不規則や生活によるホルモンバランスの乱れやターンオーバーの乱れなどです。

ですから、摩擦による色素沈着を起こしやすいので締め付ける下着はやめ、刺激が少ないよに正しいムダ毛処理をすること、強くこすってり洗うことはやめる、規則正しい生活をするといったことが考えられます。

しかし、それだけでは、黒ずみは改善されないかもしれません。

そこで、デリケートゾーンの黒ずみに対して様々な対策アイテムがあるので紹介します。

肌に優しく保湿ができて美白する高品質のスキンケアアイテムとして、オススメを2つあるので、詳しく紹介しますね。

1つは、イビサクリームで、もう1つはハーバルラビットナチュラルゲルクリームです。

まず、イビサクリームですが、薬用成分のトラネキサム酸とグリチルリチン酸2Kが配合されています。

薬用成分とは、医薬部外品を指し、医薬部外品は厚生労働省の薬事法で定められたものとなっており、効果や効能が期待できる美白成分となっており、しっかりと黒ずみを改善してくれます。

その他にも、様々な成分が配合されていますが、無添加処方となっており、無香料で、お肌に優しい成分で作られているので安心して使えます。

ヒアルロン酸も入っているので、保湿効果も期待できます。
イビサクリームでVIOライン(デリケートゾーン)の黒ずみが消える効果!とその理由
続いて、ハーバルラビットナチュラルゲルクリームですが、こちらは、水溶性プラセンタやビタミンC誘導体、米ぬかエキスやグリチルリチン酸2Kが配合されています。

他には、ビサボロールと加水分解コメヌカエキスも配合されており、美白成分やメラニン色素の沈着に抑制作用があると考えられます。

他にも様々な効果のある成分が配合されておりますが、お肌に優しい成分で作られています。

香料が入っていますが、ほのかな香りなので、気になるようなものではないかと思います。

コラーゲンやヒアルロン酸など最高級の潤い成分が配合されており、肌のバリア機能を向上させ、メラニンからの色素沈着を抑制します。
ハーバルラビットナチュラルゲルクリームのクチコミとVIOライン黒ずみケアは真実?

いかがでしょうか。

どちらも高い効果で人気が高いので、正直どちらを使っても良いと思いますし、選ぶのが難しいと思います。

どちらも敏感肌の方も安心して使えますし、医薬部外品で美白に確かな効能効果が記載されている点も共通しています。

どちらを選ぶか迷った時、
例えばですが、水溶性プラセンタ・ビタミンC誘導体・米ぬかエキスで黒ずみを美白したい方は、ハーバルラビットナチュラルゲルクリームを、どうぞ。
ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム公式サイト↓
アソコ訴求

トラネキサム酸の力で黒ずみを美白したい方は、イビサクリームを選んではいかがでしょうか。
イビサクリーム公式サイト↓

どちらも、日数は異なりますが返金保証がついています。

詳しくは、公式サイトをご覧ください。

us