膝のざらつきと毛穴の黒ずみが気になる!対策は?

膝は体の中でも、角質が厚くなって黒くなる部分ですよね。

ざらついてガサガサしていたり、黒く色素沈着しているのをなんとか綺麗にしたいですよね。

やはり、お手入れ無しでは綺麗にはなりません。

膝のざらつきと黒ずみの原因は角質や汚れが溜まっているか、摩擦や刺激、紫外線によるメラニン色素の生成が挙げられます。

ですから、この原因をふまえてケアしていくことがポイントになります。

まずは膝を滑らかにしていきましょう。

角質ケアが一番大事になってきますので、ピーリングで古くなった角質を取り除いて柔らかくしていきます。

スクラブで細かい粒子で肌表面を擦り落とす方法だったり、ハーブや植物の種子などの天然素材で出来たゴマージュを使用してしっかりと角質を落としていきましょう。

ですが、やりすぎは禁物です。

まずは、週に一回から二回くらいにして、様子を見ながらにしましょう。

お風呂入りながらやると、角質もふやけやすいので、優しくマッサージしながら行いましょう。

そして、柔らかくなったお肌へたっぷりと保湿してあげましょう。

保湿のケアのコツはいきなりクリームを塗るよりは顔と一緒で化粧水をたっぷりとつけた後に、クリームでバリアしてあげると良いでしょう。

この時、専用の美白クリームだと効果的です。

柔らかくなったお肌に美白成分が入りやすくなります。

原因の二つ目の刺激や摩擦です。

例えば何気なく履いてるジーンズですが、スキニージーンズを履く方が多いと思いますがこちらが原因になっていたりします。

スキニーは体にフィットしますので歩いたり、しゃがんだり、体を動かす度に膝に刺激や摩擦が起こっているのです。

ですので、ゆったりと少し余裕のあるパンツの方が良いかもしれません。

あとは、床や地面に膝を付く事って多いですよね。

これも原因です。

その時の摩擦によって刺激してしまい、黒ずみを起こしてしまいます。

私自身も子供が産まれてから、ますます黒くなってしまいました。

床や地面に膝をつけることや子供と遊ぶ為にデニムを履く機会が増えたり、正座する時間がながくなったりと膝がガサガサで硬くなり黒くなってしまいました。

ですから、日頃の生活を見直してケアをしていく事で少しづつかいぜんしていきました。

意識的に気をつけるという事が最も大事だと思います。

原因の三つ目は紫外線です。

夏場、脚を出す時には必ず日焼け止めを塗るようにしましょう。

顔や腕は塗るのに脚は忘れがちですよね。

膝は特に出ている場所なので、焼けやすいです。

ですから、しっかりと紫外線対策しましょう。

ケアすれば必ず結果は出ますよ!

綺麗な脚目指しましょう!

◆いろいろ注意しても膝のザラザラや黒ずみが消えないときは、ラスターを塗るといいです。

口コミでも人気です。
ラスターの効果!膝、肘だけでなく脇の黒ずみも解消の理由

ひざ下(ひざ・くるぶし・すね・ふくらはぎ)の黒ずみを5つの美白成分でケアする薬用美白濃密クリームがラスターだからです。

公式サイト↓
ラスター

Hs