黒ずみ消す美白クリームの選び方!VIO・乳首・お尻・ワキ・ひざ・全身美白

気がついたら体全身のあらゆる場所が黒ずんでいた。

こんな経験ありませんか?
mizugijyosei

10〜20代の若いうちはあまり気にならないかもしれませんが、30代を過ぎた頃から、体の黒ずみを気にする女性はとても多いと言われています。

そして、このような体の悩みが発生する原因や改善策を知らなくて、諦めてしまう方がとても多いというのが現実なのです。

黒ずみは、原因をしっかりと把握して適切なケアをすれば必ず改善します。

そこで今日は、黒ずみを作り出してしまう原因や美白クリームは効果あるのかなど、黒ずみを改善する真相に迫ってみたいと思います。

なるべく詳しくわかりやすく説明していきますので、よくわからないという方は必見ですよ!

黒ずみの原因とは

全身のあらゆる部位を黒ずませてしまう原因はいくつかあります。

「1」乾燥からくる黒ずみ

肌が乾燥状態に陥ると、角質はどんどん厚くなってしまうことをご存知でしょうか。

これは、肌内部の潤いを少しでも保持しようと体が起こす「防衛本能」だと言われています。

水分の蒸発を少しでも防ぎ、肌内部の潤いを閉じ込めようと努力した結果、角質は厚くなり肌の透明度は損なわれていきます。

結果、皮膚はどよんと黒ずんでしまいます。

「2」ムダ毛処理などによる炎症

全身のムダ毛処理をセルフで行う方や、脱毛サロンで行うという方に分かれると思いますが、どちらの処理法にも、肌を黒ずませてしまうきっかけがあると言われています。

まず、セルフ処理の場合は、

かみそり
毛抜き
脱毛剤

このような方法で処理されます。

どの方法で処理しても肌に刺激を与えてしまうことは否めませんよね。

この肌刺激による炎症で色素沈着を引き起こし黒ずませてしまう可能性はとても高いです。

そして、炎症は比較的避けられる脱毛サロンでのムダ毛処理。

これなら大丈夫だと思いがちですが、最近の脱毛サロンは痛みも少なく効果的な「光脱毛」という種類の脱毛を行っています。

ミュゼプラチナムなど大手もこの脱毛方法を採用していますが、光脱毛には注意するべき点があるんです。

それが紫外線です。

光脱毛を行った後に、紫外線対策をしっかりと行わないと色素沈着を引き起こし、肌を黒ずませてしまう原因を作ることが判明しています。

「3」衣類などの摩擦

下着を身につけていると、どうしても皮膚に摩擦が起こりますよね。
この摩擦が原因で黒ずみを引き起こす確率はとても高いと言われています。

特にビキニラインの黒ずみは、ほぼこの衣類の摩擦が原因で引き起こされているといっても過言ではありません。

また、若い女性を中心に流行し、今は定番となっている体にピタッと密着するスキニージーンズも、摩擦により色素沈着を引き起こしやすいといわれているので、適度なゆとりを持たせた服装というのも大切です。

「4」汗や石鹸などによるかぶれ

肌が弱い方に多い黒ずみがまさにこれに当てはまります。

アトピーなどのバリア機能が低下して、少しの刺激でも痒みを発症しやすい人は掻きむしっているうちに黒ずみを引き起こしてしまうと言われています。

体の関節に当たる「肘」「膝」や、生理ナプキンなどを使用するデリケートなVIOラインなどの黒ずみもこれが原因で引き起こされる可能性がとても高いです。

美白クリームは黒ずみに効果があるのか

様々な美白クリームが発売されていますが、これらの美白クリームは本当に効果があるのでしょうか。

美白クリームの特徴は、

・美白成分が配合されている
・肌を柔らかくして潤いを与える効果がある
・炎症を沈めて肌を健やかに保つ効果がある

このようになっており、自分に合った美白クリームを毎日習慣的に使用することで確実に美白効果を実感できると言われています。

美白クリームの比較と選び方

では、口コミでも人気の黒ずみ美白クリームを人気順にご紹介していきましょう。
すべて無添加で安心成分からできていますよ。

薬用イビサクリームでVIOライン美白!

「薬用イビサクリームはVIOラインの黒ずみに!」

薬用イビサクリームの最大の特徴は、デリケートゾーンに使用できる美白クリームであるという点です。
レビュー→イビサクリームでVIOライン(デリケートゾーン)の黒ずみが消える効果!とその理由

女性は、生理用品や下着による摩擦でデリケートゾーンの黒ずみを気にする方が多いのですが、イビサクリームはこのような女性の悩みをバッチリと解消してくれる優れものです。

デリケートゾーンだけでなく乳首や脇の黒ずみにも使えます。

無添加・日本製・医薬部外品という安全性と確かな成分が人気です。
VIOライン(陰部)の黒ずみが一番気になる方はイビサクリームをどうぞ。

ピーチローズでお尻も綺麗!

ピーチローズは、お尻の黒ずみやニキビ解消に!

お尻って黒ずみやすいしニキビもできやすいって知っていましたか?
お尻は圧迫されやすいので摩擦によって黒ずんだり、ニキビができて綺麗に治らずニキビ跡になったりしがちです。

ニキビ予防になってできたニキビもニキビ跡も改善で潤いながら黒ずみも解消!と口コミ評価も高いのがピーチローズです。

お尻の黒ずみが一番気になる!という方はピーチローズ。
ピーチローズでお尻の黒ずみ改善効果!とその理由

ロコシャインで膝も肘も美白!

「ロコシャインは膝や肘の黒ずみに!」

友人の膝を見て、正直黒ずんでいると思ってしまったことはありませんか?
その黒ずみ。実は大半の女性に出来ています。

ロコシャインは、肘や膝などの黒ずみやすい関節部分の美白に開発された商品で、角質層が固くなっている肌を柔軟にして潤いを奥深くまで浸透させて透明感を与えてくれます。

厳選された7大成分と9種の天然植物由来成分がギュッと濃縮して配合されているので実感力が高いと好評です。
膝や肘の黒ずみが一番気になる!方はロコシャイン。
ロコシャインの効果!膝や肘の黒ずみが消える理由

ピューレパールで脇・乳首・VIOラインも美白!

「ピューレパールは脇メインの黒ずみに!」

脇毛のムダ毛処理を長年続けていたら、気がつくと脇が黒ずんでいた。
こんな経験がある方も多いと思います。
そんなときは、ピューレパールにお任せ!

ピューレパールは、スキンケア大学にも掲載され、モンド・セレクション銀賞も受賞している実力派の商品で、多くのメディアで紹介されています。

ノースリーブが着られない。
他人に見られたら恥ずかしい。

こんな悩みを抱えている方は、潤い成分や美白成分がたっぷりと配合されているこの商品を是非試してみてください。

肌に優しい無添加成分で潤いながら美白するので、脇の黒ずみだけでなく、乳首、VIOラインなどデリケートジーンの黒ずみ美白にも効果が高いと人気です。

ブライダル前にも使う人が多いです。

脇メインで他の部位の黒ずみをどうにかしたい!という方はピューレパールが最適!
ピューレパールの効果!脇の黒ずみが消える理由

イルコルポの美白ジェルで全身美白!

「イルコルポのミネラルボディシャインジェルは顔と体の日焼け後の黒ずみに!」

夏の紫外線ダメージで、体全身の黒ずみ(くすみ)が気になりませんか。

そんな全身の美白ケアには、潤い成分もたっぷりのイルコルポの美白ジェルのミネラルボディシャインジェルがおすすめです。

保湿力が高く、ベタつきがないのでボディークリーム代わりに使え、日焼けによりダメージを覆った肌をなかったことにしてくれる効果も期待できちゃいます。

プラチナナノコロイド・プラセンタ・新安定型ハイドロキノンなどの実力成分が配合されているのも魅力的です。
顔や身体の日焼け後の色素沈着の黒ずみを解消したい!方にぴったりです。
イルコルポの美白ジェルで色素沈着改善の口コミ

まとめ

皮膚が黒ずむ原因と今人気の美白クリームのそれぞれのメイン部位への黒ずみ改善効果は、お分かりいただけたでしょうか。

黒ずみが気になる部位ごとにそれぞれ使い分けてもいいですが、全部気になる時は買うのが大変です。

そんな時は、自分が一番気になる場所の黒ずみ美白クリームを選んで他の部位も同じものを使うと良いですよ。

ここで紹介した黒ずみ美白クリームは、すべて無添加でお肌に優しいものばかりだから、メインの部位以外の黒ずみも改善してくれるからです。

しっかり選んで、あなたも黒ずみが気にならないクリアな肌を目指してください。

是非参考にしてくださいね!

最近人気の美白クリームも表にしてみました
口コミで人気!5つの美白クリームのまとめ表。
今のあなたに必要なものを選んでください

商品名 公式サイト どこの美白がメイン? 主な成分と特徴 定期の価格(変更あり)
イビサクリーム 薬用イビサクリーム VIOライン美白メイン! トラネキサム酸で美白!グリチルリチン酸2Kで抗炎症 4970円
ホスピピュア 薬用美白クリーム【ホスピピュア】 乳首美白メイン! トラネキサム酸で美白!天然成分、シアバター、スクワランで保湿も 5500円
スウィープホワイト スウィープホワイトで脇美白! 脇メインで美白! トラネキサム酸・ホワイテーヌ・アルピニアホワイト・ビサボロール・グリチルリチン酸ジカリウムの5つで強力に潤い美白! 5400円
ピーチローズ お尻ニキビ×シミ お尻美白とニキビケア! 水溶性プラセンタ・ヒアルロン酸・コラーゲンやグリチルリチン酸2Kで抗炎症 5695円
ロコシャイン ひざ・ひざの黒ずみ対策専用ジェル【ロコシャイン】 膝肘の黒ずみ美白メイン プラセンタ・サクラ葉エキスなどトリプル保湿で美白 4800円